コンビニ速報

2017年02月09日

加盟店経営者、65歳の年齢上限撤廃…ローソン


 ローソンは9日、65歳を上限としている加盟店経営者との契約時の年齢制限を撤廃すると発表した。

 コンビニエンスストア大手では出店拡大が続く中、加盟店経営者の人材確保が課題となっている。上限撤廃でシニア層の人材活用につなげたい考えだ。

 ローソンは2014年10月に年齢の上限を55歳から65歳に引き上げていた。その後、新たに加盟店契約する経営者のうち56歳以上が占める割合は増加しており、16年度は全体の1割を超えた。

 ローソンは現在、国内で約1万3000店を展開している。19年2月末までに2000店上積みする計画で、経営者の確保を急いでいる。

関連記事
コンビニ、高齢者を支援 食事宅配、栄養にも配慮
「健康」勝負のブランド戦略〜ローソン 経済部 黒木健太朗
コンビニに常温飲料…体の冷え 気にする女性ら歓迎
ゼリーにカビ混入、ローソンが17万個回収
がん検診、コンビニで…来年度から
最終更新: 2/9(木) 18:34
読売新聞



posted by たからまち at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック